ノルバスクの画像

当サイトでは、高血圧症治療薬「ノルバスク」の正しい服用方法と、飲んだ後に血圧の改善を行う効果効能についての説明と、特許が切れた後に販売される同一成分によるジェネリック医薬品に関する説明をしております。

動脈瘤の破裂、ノルバスクの服用がわかりやすく効果的

くも膜下出血で亡くなる人が目だってきました。
これは、脳卒中の中でも最も死に至る率が高いと、恐れられている疾病です。
くも膜下出血の原因の多くは、脳動脈瘤にあると言っていいでしょう。
脳動脈瘤とは、わかりやすく言えば、脳の動脈に瘤ができた状態のことを指します。
昨今は検査機器の進歩のおかげで、MRIやCTなどの検査で、くも膜下出血を発症する前に脳動脈瘤が見つかることが増えてきました。
このような動脈瘤は未破裂脳動脈瘤と呼ばれています。
破裂脳動脈瘤の原因はさまざまなものが推測されていますが、高血圧症があったり、動脈硬化が激しかったりすると、瘤を作りやすくなります。
日本での調査結果では、脳ドックを受けた患者のうち、脳動脈瘤が5~6%の人に発見されたとのレポートもあります。
そして、100人に2~3人が未破裂脳動脈瘤を持っているとの報告がありました。
とりわけ、喫煙者、大量の飲酒をする人、高血圧症者、身内にくも膜下出血を患った人がいる場合は、脳動脈瘤になるリスクが高いと言われています。
高血圧症が脳動脈瘤を起こしやすい原因の一つになっているのですから、これは看過できません。
わかりやすく言えば、高血圧症を改善することによって、脳動脈瘤の危険性を少なくすることができるのです。
ですから、高血圧症と診断されたら、速やかに治療にかかるのが賢明です。
まずは、禁煙、減塩の食生活、適度な運動、そして、治療薬の服用です。
いまは、薬が発達し、ノルバスクという秀逸な治療薬が開発されています。
ノルバスクが効果を発揮するメカニズムをわかりやすく言えば、血管を広げて血の流れを良くすることによって、血圧のコントロールを行う、ということになります。
ノルバスクは、懸念される副作用もほとんどなく、そういった安全性の高いこともあって、医療現場では頻繁に処方されています。